近年、若者を中心に爆発的な人気を誇るスノボツアー。冬限定のスポーツだからこそ「思いっきり楽しみたい!」「特別な思い出を作りたい!」と考えて計画する方が多いようです。今回は、宿泊・日帰り別に、ツアープランや選び方のコツをご紹介します。

宿泊スノボツアー

思い出作りに!宿泊スノボツアーのメリットとは?

宿泊スノボツアーには、日帰りツアーにはないメリットが色々とあるのでご紹介します。例えば日帰りツアーの現地滞在時間は5時間から7時間くらいが相場となっており、昼食を挟んでひたすら滑り続けてスキー…

続きを全部読む

ツアー選びに!宿泊スノボツアーの基本の流れ

宿泊が出来るスノボツアーは、早朝発の場合は1泊2日か2泊3日、深夜発は1泊3日か2泊4日の商品があり、深夜発は日付前に出発する関係で日数が増加します。関東発のツアーは、新宿・横浜といったターミナル…

続きを全部読む

金欠中でもスノボツアー!安い宿泊プランの選び方とは?

早めに予約すると安いところに宿泊できる

スノボツアーに参加する場合には、格安で現地まで行き宿泊したい人も少なくないはずです。このような場合には、格安で行ける方法がいくつかありますので見ていくと、一つは、早めに予約することが重要になります。飛行機でも同じになりますが、早めに予約をすると通常の料金よりも格安で宿泊することが可能になります。通常は1か月前から2カ月前に予約しますが、3カ月ぐらい前から予約をすると通常の料金から2割から3割程度割引きをしてくれることが多いです。そのため、可能な限り早めに予定を決めて予約を入れる必要があるでしょう。ただ、キャンセル料などがかかりますので、確実にその日ならば大丈夫と思われるところを予約しなければなりません。

トイレとお風呂は共同のところは安く泊まれる

宿泊する場合のスノボツアーでは、さまざまの宿泊先が用意されています。安いところを選びたい場合には、あまり部屋に対して条件を付けないことが重要です。とはいえ、最近のツアーの場合には相部屋などはまずありませんので一人で行く場合でも個室を利用できることが多いです。より多くのツアーから選びたければたくさんの人と行くのが一番よいでしょう。なぜなら、二人以上で宿泊できる部屋の方が一人部屋よりもたくさん用意されているからです。このとき可能なかぎり安上がりにする方法の一つが、お風呂とトイレが部屋の中に付いていないところを選ぶことです。お風呂は大浴場があれば部屋の中についている必要はありませんが、トイレに関しては寝ているとき共同の場合は多少不便です。その点を我慢すれば、安い部屋に泊ることが可能です。

日帰りスノボツアー